維新、「透析患者は殺せ」の長谷川豊氏を擁立へ

2017年02月05日

日テレNEWS24の報道によれば、日本維新の会が、フリーアナウンサーの長谷川豊氏を次期衆院選に千葉1区から擁立する考えを固めたとのことです。

長谷川豊氏は昨年9月に自身のブログに「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」と書いたことで批判が殺到し、レギュラー番組をすべて降板させられた人物です。

こうした人物を擁立するということじたい、日本維新の会の本質を自ら露わにしたものといわなければなりません。そして国会を見れば分かる通り、日本維新の会は安倍強権政治の別働隊でしかありません。北九州市議選挙は、維新全員落選という結果によって、市民の良識を示したものでした。日本のどこにも、日本維新の会はいらない!という運動を進めましょう。

江東区議会議員 赤羽目たみお