来年度(2012年度)江東区予算要望書を区長に提出しました。

2011年11月04日

Dsc_0071
 日本共産党江東区議団と江東地区委員会は11月1日、区の来年度予算編成にあたり、放射能汚染対策や介護施設の増設、中小企業振興策の充実など453項目に及ぶ区民の切実な要望をまとめた「江東区予算編成に対する要望書」を山﨑区長に提出しました。
提出に当たって党区議団は、放射能汚染問題について区民から不安の声が多く寄せられている。区が継続して放射線量を測定するとともに、測定箇所を増やす等、対策を強化するよう求めました。また、東日本大震災を受け災害対策の充実、長引く不況から、区民の命とくらしを守る江東区の役割がいっそう重要になっている。子育て支援策の拡充、医療や介護の負担軽減、防災シェルター設置助成など、すぐに実行可能な項目については、直ちに実施するよう要請しました。山﨑区長は「放射能汚染対策として、学校などの通学路の放射線量測定を開始する」と発言。その他の要望については「これから検討する」と述べました。

江東区議会議員 赤羽目たみお