中国四川省大地震の救援募金を訴えました。

2008年05月24日

Dsc_0085
五月十二日、中国の四川省で起きた大地震では死者約5万人に上るなど甚大な惨事をもたらしました。被災地ではまだ行方不明になっているたくさん人たちへの必死の捜索活動や被災者への救援活動がおこなわれています。しかし、現場は救援物資の不足や交通の不便などで救援活動は困難を極めています。
 日本共産党江東地区委員会と区議団(8名)は、被災した人たちの一刻もはやい救援の力になろうと、5月20日、東西線東陽町駅前で午後5時から中国四川省大地震の救援募金を訴えました。小学生や女子高生、勤め帰りのサラリーマンなど多くの方々から募金が寄せられました。
 若い女性が「私も何かしたいと思っていたんです」と言って募金に協力してくれたのが印象的でした。
 この日は、約1時間の行動で、3万6千円が寄せられました。
皆さんから寄せられた善意を中国大使館を通じて被災地に届けます。ご協力ありがとうございました。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
日本共産党中央委員会は、中国四川省の大地震とミャンマーのサイクロンの被害にたいする救援募金を以下のように受け付けています。
 郵便振替 00170―7―98422
 口座名義 日本共産党中央委員会
 通信欄に、募金先として「中国四川省大地震」、あるいは「ミャンマーのサイクロン」と明記してください(為替振替手数料が必要です)
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

江東区議会議員 赤羽目たみお