「受診時定額負担制度は反対」日本共産党江東区議団、江東区医師会と懇談しました。

2011年11月11日

Dsc_0003
 11月11日、日本共産党江東区議団とあぜ上三和子都議会議員事務所は、江東区医師会と国政で大きな問題になっているTPP問題等について意見交換を行うとともに、区政に対する要望を伺い懇談しました。
懇談の中で医師会側から、「民主党政権が検討している受診時定額負担制度や混合診療問題は、低所得者の受診抑制につながるので反対」「消費税は医療機関にとって大きな負担、増税は受け入れられない」との発言がありました。また、「子どもの予防接種は費用負担が重いので助成金の増額を」「江東区の前立腺がん検診の対象年齢拡大」「介護予防の強化」災害対策では「水の貯蓄でなく浄水器を設置してほしい」など区政に対する要望が語られました。
 共産党江東区議団からは、きくち幸江幹事長が代表してあいさつに立ち、区政の状況を報告し、いただいたご要望は区政に反映していくと述べました。
 江東区医師会からは、会長、副会長、総務部長が懇談に出席しました。

江東区議会議員 赤羽目たみお