江東区教委は、オリンピック招致の機運高揚のために、幼稚園、小・中学生の動員はやめよ!

 Dsc_0009_2
江東区は4月17日に予定されている国際オリンピック委員会(IOC)の夢の島公園視察に対応し、オリンピック招致機運高揚のアピールするため区内の幼稚園、小・中学校の児童・生徒を夢の島に動員させようとしています。あぜ上三和子区議ら日本共産党江東区議団は16日、江東区教育委員会の高橋三喜男教育長に毅然(きぜん)とした対応を求めて申し入れました。
 申し入れでは、①区教委は、区当局の言われるままに各学校長に対する参加意向調査を実施し、夢の島近隣校やスポーツに力を入れている学校には、半ば強制的な参加要請が行われていること。②学校現場では、「オリンピック招致に子どもや学校を利用するのはおかしい」などの疑問の声が上がっていることを指摘。区当局の乱暴とも言える教育への介入・政治利用に対し、教育の自主性や自律性、自由を尊重すべき区教委として、毅然とした対応をとるよう強く要請しました。高橋教育長は、「私もオリンピック東京開催を望んでいる」「区教委として自主的に参加をお願いしたもの」などと述べ、子どもたちを動員する姿勢を示しました。

トップへ

江東区議会議員

赤羽目たみお akabame tamio あかばめ