憲法を語る夕べ

2006年11月16日

60年の歴史を経て、今、平和憲法が「改正」の危機を迎えています。私たちがこの平和憲法よりいかに守られてきたか、そして今私たちがこの平和を未来にわたり維持するために何をしなければならないか、具体的に力になるお話でした。市原悦子さんの朗読は涙がこぼれてきました。本の中のお話でなく、すぐそこまで迫っているような気がしました。「自分の子や孫に無傷で憲法引き継ぎたい。」この集会に出て強く思いました。多くの国民に憲法のすばらしさを伝え、広げていきます。日本は二度と戦争しません。

江東区議会議員 赤羽目たみお