区民生活支える政治に転換を!

2008年11月25日

01
アメリカ発金融ショックで景気が後退し、区民のくらしや営業を直撃しています。追い打ちをかけるように政府は、3年後に消費税の増税を打ち出しました。住民税のフラット化や社会保障の連続改悪。後期高齢者医療や介護の保険料が年金から天引きされるなど、重い負担を押し付けられ、収入は減らされて生活は大変です。私たち日本共産党江東区議団は、11月27日から開かれる第4回定例区議会で、国の悪政や景気後退から区民生活を守り誰もが安心して暮らせる江東区政にと大きく論戦を展開していまいります。
073_006
赤羽目たみお議員が一般質問に立ちます!
27日の代表質問には斎藤信行議員が、28日の一般質問には、正保みきお議員と私、赤羽目たみおが立ちます。私は、①輸入食品をはじめとする食の安全・安心について②第4期目の改定を迎える介護保険制度について③国の悪政により負担が増えて大変なくらしを強いられている高齢者の生活支援について質問します。
本会議は、27・28日とも13時から開かれ、私の質問時間は15:40分ごろの予定になっています。お時間に都合がつきましたらぜひ、傍聴にお越しください。

江東区議会議員 赤羽目たみお