"2019年4月 江東区議会議員選挙"

東京都江東区で区議会議員を務めさせて頂いている赤羽目たみおです
みなさんのお力添えで、11年半、区議会議員として働いてきました。区民負担増に歯止めをかけ、暮らし・福祉優先のあたたかい区政実現に全力を尽くしてまいります。引き続き区政の場で働かせてください。

江東区長に熱中症対策についての緊急申し入れを行いました!

認可保育園を大幅増設

待機児童が毎年1,000人を超えています。
認可保育園の増設を基本に「公有地など土地を確保して整備を」と一貫して要求。
その結果5年間で37園、3,838名の定員増となりました。

江東区長に熱中症対策についての緊急申し入れを行いました!

国民健康保険の値上げ抑制

国保料が高すぎて払えないとの悲鳴の声が寄せられる中、区の財政支援など保険料の軽減を繰り返し要求。
共産党の論戦が23区区長を動かし、一人あたりの保険料を約3万円軽減させ、今年度は3,547円の上昇におさえました。
また、第2子以降の保険料の負担を軽減する条例も議員提案しました。

江東区長に熱中症対策についての緊急申し入れを行いました!

就学援助が入学前支給に

就学援助は経済的理由で就学困難な児童・生徒の保護者への経済的支援制度です。これまで入学準備金が入学後の8月に支給されていた為、入学時のランドセルや制服など親の負担でした。
そこで入学前支給を条例提案。これがきっかけとなり、小・中学校に入学前の3月に支給が実現しました。

"消費税増税ストップ!くらしを守る先頭に"

NEWS

活動報告

江東区議会議員 赤羽目たみお

誰もが安心して暮らせる区政に全力!

赤羽目たみお「安心して働き子育てしたい」「医療や介護を充実してほしい」「厳しい営業を支えてほしい」など区民の皆様から寄せられる願いは切実です。

今、江東区政は国の増税や社会保障の改悪、平和を壊す悪性に追随し、ガン検診の有料化やスポーツセンター、区民館など施設利用料の引き上げ等、区民サービスの後退、負担増を押し付けています。

私は、くらしの防波堤になり、切実な区民要求を実現して区民生活を支えるあたたかい区政に切り替えるために、皆さんと力を合わせて今後とも粘り強く取り組んでまいります。

赤羽目たみお

認可保育園19か所、特養ホーム1か所増設

認可保育園、特養ホーム増設特別養護老人ホームに入れない方は2000人を超え、認可保育園待機児童も1000人以上と施設不足は深刻です。

共産党区議団は繰り返し「国や都の土地を活用して認可保育園が開設、区内14番目の特養ホームが大島にオープンしました。さらに、塩浜2丁目の国有地にも15番目の特養ホームの建設が決まりました。

この他にもみなさまと力を合わせて実現したことが多数あります!
以下要求実現実績からご確認いただけます。

赤羽目たみおさんに期待

増税、物価高、収入源… 今こそくらしを守る区政が必要です

赤羽目たみおさんに期待アベノミクスによる物価つり上げと消費税増税、その一方での年金引き下げなど所得の低下と社会保障の大改悪で「暮らしていけない」など悲鳴が上がっています。こうした国の悪政から区民生活を守り「福祉の増進を図る」のが区政本来の仕事です。

ところが山﨑区政は区民施策の切り捨てや利用料値上げなど区民負担をくり返しながら、区民から預かった税金をため込み続けてきました。こんな逆立ち区政を「何でも賛成」で支えてきたのが自民、公民、民主、みんな(維新)などオール与党です。

今こそ、暮らしを守る区政へのきりかえが必要です。条例提案や18年連続の予算修正案提出で、次々と区民要求を実現してきた日本共産党を7人から8人に伸ばしてください。

赤羽目たみおさんに期待 弁護士 宇都宮健児さん

弁護士 宇都宮健児さん

弁護士 宇都宮健児さ赤羽目区議とは、江東区の青年憲法学習会でご一緒しました。

安倍政権は、平和憲法を壊す動きを強めています。憲法を守り、平和な社会に向け力を合わせましょう。

都議会議員 あぜ上三和子さん

都議会議員 あぜ上三和子さん区議会で、区民の切実な声を示し、認可保育園や特養ホーム増設を迫り実現してきました。江東区議会になくてはならない議員です。

赤羽目議員の三選を勝ち取り区民が主人公の区政を実現しましょう。

赤羽目たみお 吉良よしこ

赤羽目たみお
1977(昭和52)年生まれ 江東区出身
活動地域:毛利/住吉/猿江/扇橋/千田/千石/海辺/石島/東陽3~7丁目/木場3・5丁目

原発被災者支援の継続
原発被災者支援の継続
原発被災者支援の継続
原発被災者支援の継続
原発被災者支援の継続
原発被災者支援の継続
原発被災者支援の継続

江東区議会議員

赤羽目たみお

トップへ